このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

松波雄大
3年間の歩み

「楽しい」の力で松山を変えていきたい!!

メッセージ

みんなの
「あったらいいな!」
を形にし、松山の良さを継承し、
そこに想像力を加え、
次の世代へしっかりとつなげていければと思っています。

住んでいる人には
「松山ってやっぱり楽しいな」、
県外の人には「松山ってみんな楽しそうでいいな」と、
思ってもらいたい。

そして松山に対して日本、世界の人が
期待に寄せてくれるように。

そして、みんなの
「こんなことがやりたい」、
「こんなものがあったらいいのに」
という意見や思いを教えてください。
よろしくお願いいたします。


※背景画像  道後 光の果プロジェクト
皆様の様々な思いを松山市で光らせましょう。

1人1人が創る、街づくりのこれから

これからの松山、『いつか誰かがどうしにかしてくれる』、ではなくそれぞれの『こうしたい!』という思いを実現するために活動します。松山城と豊かな緑に囲まれたロケーションを活かし、松山公園を『堀の内プレイパーク』として、松山でもっとも人が集う公園にします!民間やNPOと協力し、継続可能な維持管理の方法や理想の公園を考えます。また、松山の経済を元気にするために、地域の商店主や地元のお店の活性化を応援!若い世代がスタートさせる新規事業をサポートしたり、首都圏や海外の企業の松山への分社誘致などを実現するための政策提案をしていきます。

魅力的な体験型観光で生まれる、
観光のこれから

四国、愛媛には地域ごとに様々な楽しみや魅力がたくさんあります、その魅力を地元の人にも観光客の方にも楽しんでいただけるように、松山発の体験型観光コンテンツとして生み出し、「松山はもっと楽しい!」を基本コンセプトとした、体験型観光事業を目指します。また、道後で培った観光アート事業を継承し、持続可能であり、この場所でしか体験できない魅力的な地元コンテンツを作る応援をしていきます。

3世代を繋ぐ、地域とコミュニティのこれから

現代はシングルマザー・ファーザー、夫婦共働き、働きたいけど時間が作れないなど、それぞれの子育ての悩みがあります。
また、親世代では家族の介護、独居老人問題などの問題もあります。それらの悩みや問題を少しでも軽減することができるように、地域に住む一人一人のあり方を再度考え、子育てを地域でサポートしたり、病児保育拡充や、地域の見回りなどをサポートする政策を考えます。公民館や児童館などと連携し、くらしを育むコミュニティを繋いでいきます。

まつなみ ゆうだい
松波 雄大


1983年(昭和58年)3月19日 松山市生まれ
36才(千舟町在住 / 実家は八坂地区築山町)

株式会社サードフロア 代表取締役

道後オンセナート2014〜2016 地元統括責任者
略歴
1995年(平成7年) 愛媛大学附属小学校卒業

1998年(平成10年) 愛媛大学附属中学校卒業
2001年(平成13年) 愛媛県立松山北高校卒業トランジットジェネラルオフィス(東京)で7年間働く
2005年(平成17年) 日本大学商学部卒業
2008年(平成20年) 実家のケーキ屋GIV/GRAYSで働く
2011年(平成23年) MATSUYAMA まちサーベイ設立
2012年(平成24年) SOTO設立 (トヨタ財団国内助成事業認定)
2012年(平成25年) THE 3rd FLOOR inc.を設立
2014年(平成26年) 道後オンセナート 地元統括責任者
2016年(平成28年) 道後アート 地元統括責任者
  • https://lin.ee/JdWD3QI

愛媛県、松山市のリーダーと共に歩んでいます。

愛媛県 中村知事
松山市 野志市長
松山市 野志市長

松波雄大の政治活動について

コロナ支援 2020年7月
学飯プロジェクト

コロナ禍が蔓延する中、愛媛県下の学生がアルバイトできないという課題が発生。

アルバイトのお金で生活する学生も多く、生活困窮が松山市でも大きな問題となりました。

そこで、有志と学飯プロジェクトを立ち上げ。
困窮している愛媛県の全ての学生を対象に、支援体制を構築。

一般市民、企業が食費を提供し、困窮学生がそれを市内の飲食店で利用できる仕組みづくりに公職選挙法に触れない形で参加。

結果として困窮学生2600名に述べ1万食の食事提供を実現。
多数の学生から感謝の声が支援者に届くプロジェクトとなりました。
取り組みについての動画はこちら

コロナ支援 2020年7月
キッチンカー業界支援

新型コロナウイルスによって、国が非常事態宣言を発令
その影響により、飲食店の会食が困難になりました。

また、人が集まるイベントのほとんどが自粛。それによって売上が激減したキッチンカーのために松山市役所前広場を開放しました。

松山の歴史で市役所前広場を開放したのは初めての事例
困っている時に行政も出来るサポートを!
キッチンカー業界への支援の取り組みを実現しました。

コロナ支援 2020年5月
宅タク便

非常事態宣言により、飲食店の会食が困難に。
飲食店が出張デリバリー機能を保有していなかったため、売上低迷で困窮していたタクシーがデリバリーを手伝うという日本でも珍しい「宅タク便」のボードメンバーとして参加。市内飲食事業者の売り上げ貢献と、安全な食事を受け取りたい市民、タクシー会社を結び付けました。
商工会議所とも連携し、公共プロジェクトして取り組みました。
プロジェクト取り組みの動画はこちら

コロナ支援 2020年4月
takeout club

新型コロナウイルスによって、国が非常事態宣言を発令
その影響により、飲食店の会食が困難になりました

松山の飲食をサポートする事が出来ないか?という声から
松山テイクアウト部をたてヨコ愛媛と共に設立。

テイクアウトによる飲食店の売り上げ貢献、安全な食事提供のガイドラインなどを中心に松山市中の飲食店のテイクアウト情報を一元化で掲載。

また、掲載店舗の促進を実施。テイクアウトの松山市の情報インフラを仲間と構築しました。

テイクアウト部web

命のマスクプロジェクト
2020年4月

コロナ禍で全国的なマスク不足が顕著になりました

特に深刻なマスク不足が発生していた、松山市内の医療機関事務系スタッフに対して有志で不織布マスクを集めて医療機関に届けるプロジェクトを主導しました。

人と人をつなぐ事で直接ではなくとも出来る支援がある
困っている現状に対して取り組みが出来てよかったです。

日本初のRPA補助金
2019年7月

NTTデータと提携し、日本で初めてのRPAに特化した補助金制度を野志市長と共に立ち上げました。
松山市は中小企業が多く、その生産性を高めるためのIT支援プランは好評をいただき、さらに生産性の向上へ繋がっていきました。
地元企業が元気になる事が重要です!継続した中小企業の生産性向上支援体制を整備していきます。

西日本豪雨災害 2018年7月

2018年7月、想像を絶する豪雨により未曽有の災害が南予を中心とした愛媛県下で発生しました。

地元の松山市の被災地支援と同時に、南予地域へ物資を送るためのボランティアセンターを立ち上げました。
行政がサポートするのが間に合わない部分や速やかに対応が必要な部分を
民間有志のボランティアメンバーと行動することでサポート。
また、情報発信をしていく事で全国からの支援物資を集める事や、泥かきボランティアの人員不足を補充する事などに役立った。
延べ活動日30日前後。

道後 ひかりの実
毎年継続

道後オンセナートからはじまった地域参加型のアートプロジェクト
地元の小学生や中学生が果実袋に笑顔のイラストや思いのこもったイラストを描いてくださり、その中にLEDを付けていきます
何もなかった夜の公園が、色とりどりの光るイルミネーションに

12月の名物イルミネーションとして7年続き、松山市民、観光客の方々に楽しんでいただくプロジェクトになりました