2019.02.10

今週の活動まとめ 2019/02/04〜02/10

みなさんこんばんは!
松山市議会議員松波ゆう大です

活動報告をしていきます

 

先日、松山市の有志の議員が参加する

「松山市役所新庁舎グランドデザイン専門部会」での勉強会がありました

 

ゲスト講師は松山アーバンデザインセンターの 四戸秀和先生

老朽化が進む松山市役所・いつか改修するのであればどうすべきか?

お金の少ない財政の中でどうする事が良いのかを考えます

 

ところで

みなさん、アーバンデザインセンターってご存知ですか?

「アーバンデザインセンター」の画像検索結果

全国に存在する、アーバンデザインセンターはそれぞれの地域で

官(行政)民(まちづくり会社や商工会議所)学(地域の大学)

が連携して、地域のまちづくりにおけるデザインや景観を考えて提示していく組織です

 

松山でも中心市街地での広場を作ることも兼ねて2014年からスタート

「アーバンデザインセンター 松山」の画像検索結果

「アーバンデザインセンター 松山」の画像検索結果

現在は花園町へ移転しています

「アーバンデザインセンター 松山 花園」の画像検索結果

アーバンデザインセンターはこれからも地域活動の間にはいり

デザインとは、景観とは、まちづくりとは?を地域で実践していきます

今後のまちづくりにはかなり重要な役目を持っていると思っています

 

ただし、行政や地域がこれに対してどう取り組んで行くのか?が非常に重要です

 

上の写真にもあげました、街中の公園は2019年の1月末を持って社会実験の調査が出来たということで終了

元のパーキングに戻るそうです

いろんな理由があると思います。

土地の買い上げをするには費用が高かった?

社会実験の結果は新しいL字で展開する?

どれも真実だと思います

ただ、地域に2年以上かけて馴染んだこの公園が愛され

それを残して欲しいという声に対して

本当にしっかりと答えを出せたのでしょうか?

 

行政主導の場合、どんなことも理由をしっかり作り、正当をしなければいけない点があります

町の人の思いや期待が強いほど、それがなされなかった時のガッカリも大きかったのかもしれません

 

先日の視察でも感じましたが、行政主導から民間主導の行政支援型のプランを作っていかなければ

いけない時代へ突入しているのかもしれません

 

住む人が考え、思いを持ち、主体となって行動する

それに行政は支援をする

 

次は他市の面白い事例をブログに投稿してみようと思います

 

 

 

松山をもっと面白く!

新しい風をまつやま市議会に!

松山市議会議員 松波ゆう大