2018.01.22

イベントを通して政治で松山を変えたいと決めました

 

※4月22日の夜に、このブログを読み返しています。

 

今日、松山市議会議員選挙2018に正式に立候補しました。

 

 

こんにちは。

 

松山市議会のことを常に考えてる、松波ゆう大です。

 

道後温泉のどうごやさんが自主的に始めたアートイベント「どうごやーと2018」のイベントにお邪魔しました。

 

このイベントを主催で企画する清水久嗣さんは観光にも地元にも楽しみを作ってくださる宿のオーナーさん。

 

自分と同じように楽しいが増えて欲しいと強く願っている方です。

 

ぜひ!一度行って、おもてなしを体験してください♫

 

イベントではライブペイントの前を走り回る子供たちがいて関係の無いはずの人も子供が繋いでくれます。

 

 

イベントは政治や思想を超えて誰かと誰かがつながり、許し合うハッピーな思いが詰まってる場所だといつも感じています。

 

しかし松山への複雑な思いがみなさんの口から出て来るのも事実。

 

道後や街中の託児所の少なさお迎えの時間が1時間でも延長されたら…

 

生活に密着している部分が少しでも改善すれば…

 

笑顔が増えて、こんな楽しい音楽やアート、美味しい食事や会話を心から楽しめる人が増えると思うのです。

 

オール松山のみんなが、心からイベントを楽しめるように。

 

まずは毎日痛感している「これが変われば生活が快適になる」を知ること。

 

みんなの、「これが変われば!」を教えてください!

 

そんな思いを強く抱きながら今も、松山市議会へのチャレンジに奔走中♫松波ゆう大でした。